第51回花と彫刻展

今年も、淀川和男さん(高21回卒)から「花と彫刻展」の案内をいただきました。
大阪の秋の風物詩ともいえる、この彫刻展を楽しみにしていますが、今年の開催はコロナ禍のもと危惧しておりました。
しかし、大阪の彫刻家の皆さんの頑張りで、例年通り鑑賞できることを嬉しく思います。爽やかな秋空の下、靭公園のバラの花と素敵な彫刻の鑑賞に、さぁ出かけましょう。

主催されている大阪彫刻家会議から、淀川和男さんを通じてあいさつ文をいただいていますので、紹介します。

天草高校同窓会関西図南会事務局 様
いつもお世話になっています。
今年も花と彫刻展を開催いたします。
例年ホームページで紹介していただきありがとうございます。
当会も昨年50周年を迎えました。
大阪彫刻家会議も社会情勢や年齢構成等困難な状況にありますができる限り頑張っていきます。
同封の案内状の通り10月12日よりウツボ公園で開催いたします。
都合が許せばご高覧よろしくお願いいたします。

大阪彫刻家会議

 

昨年の「花と彫刻展」から    (敬称は略します)

そしてバラの花

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です