天草と熊大に行ってきました!

15回卒 本島 昭男

 平成30年11月2日(金)~3日(土)に久しぶりに天草へ行ってきました。
天候も良く、車窓から見る景色は美しく、いつ行っても故郷は良いものです。

五和町御領に着いたら、アメリカからと門司から里帰りしていた2人(両氏とも天草高校卒)を加え中学校の同級生が暖かく迎えてくれ、幼い頃からの友情は続き嬉しい限りです。御領では11月3日(土)4日(日)「御領石竹 秋宵まつり」がありました。

宿泊先は以前、天草高校同窓会の広告を掲載していただいた民宿「イルカ館」です。天草の新鮮な魚は美味しく、特に真鯛の塩焼きは格別です。
ユメールの展望台からは島原半島が見え、海にはイルカが泳いでいるのが見えます。

ここでのお目当てはイルカウオッチングです。宿が案内する船に乗って約15分して、イルカに出くわしました。泳ぎ方も可愛いですね。

イルカウオッチングを楽しんだ後は、義兄のお見舞、実家の墓参り、実家訪問、義兄の法要、姉の墓参り等済ませ、甥夫婦たちと宇土市で鰻を食べて熊本へ向かいました。

翌日4日(日)は熊本大学のホームカミングデーと五中・五高・熊大130年を祝う会に出席のため、大学時代のESSの後輩と赤門で待ち合わせして会場に向かいました。ホームカミングーと併せて卒業生表彰式があり、国立大学法人熊本大学長 原田信志より「あなたは永きにわたり本学の卒業生として社会活動及び同窓会活動を通じて本学の発展と理解促進に多大な貢献をされました よってここにその功績を讃え表彰します」とお言葉を頂きました。ホームカミングデーは応援団の演武による「五高寮歌」で閉会しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です