令和元年、中京支部総会開催

第38回天草高校同窓会中支部総会・懇親会

 


6月16日(日)天草高校同窓会中京支部第38回総会・懇親会が、ルブラ王山で、同窓会本部「図南会」安田会長、天草高校平田校長、関東あまたか会松尾会長、あまたか関西山中会長を来賓に迎え、会員31名の出席のもと開催されました。
関西にもお馴染みの大谷会長が勇退され、前事務局長の福田和幸さんが会長になられました。
新三役は次の皆さんです
福田 和幸会長(高28回卒)
吉田 和美副会長(高17回卒)
伊藤 兼行副会長(高18回卒)
小山 康志事務局長(高26回卒)

詳細は中京支部HPをご覧ください。

「あまたか関西」山中良三郎会長から、報告が届きましたので紹介します。

6月16

日(日)第38回中京支部総会に参加してきました。
今回は役員改選期に当たり、新役員が決まりました。大谷会長(高25)が天草に帰郷なされることに伴い、新会長は福田和幸(高28回、事務局長)様となり副会長には吉田和美(高17回)様と伊藤兼行(高18回)様、新事務局長は小山康志(高26回)様となりました。
来賓は図南会本部より安田公寛会長、天草高校より平田浩一校長、関東あまた会の松尾和幸会長、それにあまたか関西山中の4名で、会員参加者31名にて合計35名の総会でした。
いつもの様に家族的な雰囲気で和やかに会は進められましたが、安田会長、平田校長、松尾会長のあいさつは、なんと言っても今年の天草高校科学部が7月にシンガポールで開催される世界大会出場の快挙が報告され、それに伴う応援寄付金のお願いが熱く語られました。また、会場では役員さんが「世界大会応援募金箱」を持って各テーブルを頭を下げて回られ、結果的にこの参加者で5万円ほどが集まり、同時に本部の安田会長に手渡されました。拍手喝采でした。
第二部懇親会で好評だったのは、平田校長に壇上に上がって頂き、あの「天草弁ラジオ体操」の音楽に合わせ、全員でラジオ体操第一で体を動かしました。平田校長は「来年は“あまたか体操”をやりますよ~」と張り切ってご機嫌でした。
又、例により「牛深ハイヤ踊り」を今年4月の牛深での総踊りビデオを見ながら全員で踊りました。そして副会長になられた吉田和美様に来賓全員「似顔絵」を色紙に書いていただき、子供の様に嬉しそうにして二次会のカラオケルームに向かいました。
最後に印象的だったのは、前会長の原田登様が閉会の辞で「中京支部は永遠です。どんなに少人数になっても継続してゆきます。秋の三地区交流会でもどうかよろしくお願いします」と挨拶されました。
帰りには、平田校長と同級生、岡部好文様(豊田工業大学勤務、高31回)のご案内で名古屋名物”みそ煮込みうどん”を松尾会長と一緒にご馳走になり、再会を約して帰路につきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です