本渡中学校、吹奏楽全国コンクール出場

第65回全日本吹奏楽コンクール中学校の部

2017年10月21日、名古屋国際会議場で第65回全日本吹奏楽コンクール・中学校の部が開催されました。
天草市立本渡中学校吹奏楽部が一昨年に続いて、九州代表として出場しました。

毎年、東京都杉並区の「普門館」と言う5000人収容の会場で開催されていて、高校球児が甲子園を目指すように、中学高校生の吹奏楽部が「目指せ普門館」を合言葉に練習に励んできた全国コンクールなのです。吹奏楽の甲子園とも言われ、それほど出場することが難しいコンクールです。なお第60回大会からは、建物の耐震の問題で名古屋国際会議場に変更され現在に至っています。

今回は残念ながら銅賞でしたが、トップバッターで朝9時からの演奏のため、本来の力を出し切れなかったのではと思います。一昨年は初出場で銀賞受賞でした。今後、更なる高みを目指して頑張ってくれると信じています。期待して見守りたいものです。
今回の演奏曲は、課題曲が木内涼作曲「マーチ・シャイニング・ロード」、自由曲はP・マスカーニ作曲「歌劇『カヴァレリア・ルスティーナ』より」で指揮は福嶌一磨先生でした。

他の九州代表は、福岡市立姪浜中学校(銀賞)、鹿児島市立桜丘中学校(銀賞)です。
8月18日、福岡サンパレスにて第62回九州吹奏楽コンクール・小学校の部が開催されましたが、熊本県代表で出場した天草市立本渡南小学校が銀賞受賞したことも併せて報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です