陸上競技部

陸上競技部

陸上競技部

2017年陸上部

平成28年度の天高陸上競技部は部員29人で、「練習でできないことは試合でできない、練習で泣いて試合で笑え!」をスローガンに掲げて、第1グラウンドや十万山でトレーニングに励んでいます。競技成績は年々下降傾向ですが、九州大会に出場する選手を毎年一人以上は輩出しています。私たちは練習以外での取り組みの工夫が競技力向上につながると考えています。

平日の放課後は、部室まで駆け足で移動してどの部活動よりも早く練習を開始し練習時間を確保していますし、休日の練習日には30分前に集合して第1グラウンドの整備や除草作業をして、練習中の事故防止に努めています。その甲斐もあってか秋の熊本県新人戦では決勝進出者(8位以内)が5人出るなど、競技力も向上してきました。目標であるインターハイ出場も手の届くところまできています。

今年度はOB会主催で「天高創立120周年記念120㎞駅伝」が11月27日に 開催されました。
卒業生と現役部員で少しづつの距離をつないで120㎞走るという企画でしたが、当日は生憎の雨空。開催も危ぶまれましたが、学校周辺を120周走るという企画に変更して実施されました。体育館での準備運動は世代を超えて共有できる「天高体操」。卒業生の方々と動きが揃ったときは感動しました。約60人の参加者(遠くは神戸からの参加)が1周約500mのコースを襷でつなぎ120周走り切りました。走った後は豚汁とおにぎりを頬張りながら、卒業生と交流を深めることができました。
「小学校や中学校で習った先生」「同級生の父親や母親」「競技会で見かける審判員の方」など、身近にいる先輩の存在に気付き、声を掛けてもらえるきっかけを作ることができました。卒業生からの応援は大きな力になります。私たちも天高陸上部を応援する立派な大人になっていけるようにこれからも頑張っていきます。

顧問 岡村 俊和先生 村田 萌先生 主将 松本 馨君 副主将  舩元 駿佑君  中山 璃子さん

平成28年度 陸上競技部実績

熊本県高等学校新人陸上競技大会
男子800m  2位 舩元駿佑君 (九州新人大会出場)     男子200m  7位 岩本浩哉君
男子110mH 7位 矢田啓人君                男子走り幅跳び 4位 松下京太郎君

 

今年の成績から

-7月-

第45回熊本県高等学校学年別陸上競技大会
女子 100mユースハードル 第2位
女子 走り幅跳び 第3位
第35回全九州陸上競技新人対校選手権大会熊本県予選大会
女子 三段跳び 第3位 1年内崎さん(九州大会出場)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です